白い図書館

軽く読書日記
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | スポンサードリンク

石田衣良作品

最近は全く小説を紹介していませんでした。
そこで私の好きな作家の石田衣良さんの小説を紹介します。
ハードカバーだった小説も、最近は文庫本になって来ましたし。

オススメをランキングで、ベスト5を紹介します。

5位…「約束」仲良しの友達が自分をかばって通り魔に刺されて失ってしまい、心が病んでしまった?少年の話。段々と心が回復していく少年の姿に感動させられます。


4位…「波の上の魔術師」この本で株の全て?が分かる。一人の青年は謎の老人に「あの銀行を打ち落とせ!!」と依頼されて、老人の復讐に巻き込まれる、って感じの話。小説を読みながら株を勉強出来るいい小説。


3位…「美しい子供」近所で起きた殺人事件の犯人はなんと自分の弟だった。何故いきなりネタバレじみたことを言うのかというと、この本は殺人事件がメインの推理小説じゃないからです。犯人が弟だってわかった後がこの小説のメインなんです。殺人犯の兄ということでクラスで疎まれたり、友人がイジメに遭ったりするわけなんです。そして事件の真相を探ってくわけです。


2位…「14TEEN」言わずと知れた名作。直木賞受賞作品。前に一度紹介しましたね。


1位…「池袋ウエストゲートパーク」ドラマ化もされた名作。5月くらいに第7巻が出て、まだまだ期待出来る作品。7作もあるので内容を紹介出来ません。内容を知りたいなら読んでみるのが一番だと思います。


関係無いけど、明後日に立教大学のオープンキャンパスに行ってきます。池袋にあるので、ついでにウエストゲートパークに行ってきます。

そうそう、明日の18時30分くらいから皆既月食が見れるらしいです。晴れたらいいな。


では
小説 | 16:40 | comments(0) | trackbacks(1) |

スポーツ・青春モノ

なんか最近のネタは甲子園ばっかりでスイマセン!
今日はスポーツ・青春モノの本をざっと紹介します。

スローカーブをもう一球 山際淳司
…いろいろなスポーツの名場面や一瞬を集めた本です。

「荒ぶる」復活 清宮克幸
…早稲田大学ラグビー部の話です。今は強いですが、何年か前は低迷していました。それを監督がどうやって立て直したかって本です。

バッテリー あさのあつこ
…言わずと知れた名作ですね。私は読んでないので詳しい内容はわかりません。もう読んだことのある人も多いのでは?

ラストイニング あさのあつこ
…バッテリーを全巻読んだって人のための本。本編の続きを書いたらしいです。

一瞬の風になれ 佐藤多佳子
…この前に本屋大賞を受賞した作品。佐藤多佳子さんと言えば、多くの青春小説を書いてますね。直木賞候補になるくらいの本ですが、全3巻で1冊あたり1500円くらいするので図書館や友人から借りたり、古本屋で買って読んだ方がいいかもしれません。私は本屋に通い続けて、立ち読みで制覇しました。真似する人はいないでしょう笑。ちなみに直木賞に選ばれなかったのは「綺麗ごとが多い!!」って理由らしいです。まあ私も否定はしません、十代の男の子はそんなにキレイじゃないよ(笑)とか少し出来杉じゃないか?とつっこみたくなります。しかし内容は素晴らしい青春ですね。陸上もかなり細かく描かれていて、陸上の知識がついた気がします、つまり陸上部の話です。細かい所につっこまなければいい本です。

黄色い目の魚 佐藤多佳子
…この本も多少キレイですね。しかし私の友人にこの本を大絶賛する方もいるくらいなので、純粋に青春を味わいたい方にとっては、とてもいい小説だと思います。内容は恋愛って言うより十代の淡い恋です。

4TEEN 石田衣良
…石田衣良さんは私の好きな作家の一人です。この人の作品は現実的でも非現実的でもないんですね。で、まあこの本は題名通り、月島という隅田川沿いの下町の「14歳」の少年達の青春ストーリーです。ちなみにこの本は直木賞受賞作品です。

大体これくらいでいいかな〜?
お盆休みに青春してみてはどうでしょうかー?

では、
小説 | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) |

君の名残を

今日は「君の名残を」という小説を紹介します。
〜あらすじ〜
剣道部の主将で幼馴染みの高校生、友恵と武蔵はある日、大雨の中下校中に突然、姿を消してしまう。二人が目覚めた場所は、なんと平安時代の末期だった。
生きて行くためには運命を受け入れるしかない二人。その行方は・・・。

と、まあ本の裏表紙に書いてある内容ですね。
SF的要素や歴史的要素が詰まっててなかなか面白い、のですがそれ以上に感動する本です。
タイムスリップした二人は平安時代での出来事を授業で習っているわけで、絶対に変えられないわけなんです。
自分の自由と運命との戦いという点で「涙」できます。

また、著者の浅倉卓弥さんは他に「四日間の奇跡」という本を書いてます。

君の名残を(上・下) 浅倉卓弥 宝島社文庫
小説 | 19:14 | comments(0) | trackbacks(0) |

夏の庭―The Friends

今日は「夏の庭―The Friends」という小説を紹介します。
〜あらすじ〜
ある日、町外れに住む老人を観察し始めた子供達。「死ぬ瞬間」を見たいという単純な好奇心からだったのに、いつの間にかその老人と心温まる交流が始まります。そして突然やってきた別れ・・・。

切ないけど、どこか温かい、なかなかいい本だと思います。「死」というものを少し考えさせられます。「ただ単純に心臓が止まって・・・」などと、頭の中だけではとらえきれるものではないということを感じさせてくれる小説です。
夏の庭―The Friends 湯本香樹実 新潮文庫
小説 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(1) |

童話物語

なんだか小説を紹介するなんて言っておきながら、まだ1作品しか紹介していないのでオススメを紹介します。

※ここから長いです・・・。
続きを読む >>
小説 | 13:46 | comments(0) | trackbacks(0) |

おすすめの小説です

 今日は初日ということで私の好きな作家さんの本を紹介しましょう!

 オーデュボンの祈り  伊坂幸太郎
・・・伊坂幸太郎さんのデビュー作品なんですが、スゴイですね。どうしたらこんなすごいストーリーを考えることができるんでしょうかね〜。読み始めると次の展開が気になって仕方ない、それが伊坂さんの本の魅力ですね。
〜あらすじ〜
 コンビニ強盗を失敗し逃走中に意識を失った主人公の伊藤。
 目が覚めると伊藤は見知らぬ島にいた。
 その島は他の場所とは関わりを持たない、言わば鎖国状態の島だった。
 そしてその島には「唯一島の外と交流を持つ男」、「嘘しか言わない男」、「殺人を許された男」、さらには「未来を予知することができ、しゃべれるカカシ」などがいてたのだった。そしてある日事件が起こった!無残にもカカシが殺されたのだった。未来を見通せるカカシは、なぜ自分の死を阻止出来なかったのか・・・?

面白そうだと思ったら「是非!!」呼んでみて下さい!!

では〜
小説 | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) |