白い図書館

軽く読書日記
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | スポンサードリンク

21世紀少年下巻発売!

イヤー。待遠しかったな〜。
壮大な物語の終わりですよ〜。

私は熱く語るほどファン歴が長い訳では無いので大それたことは言えないんですが・・・。




巷じゃ終わり方がどうのこうの言ってますが・・・、これでいいんじゃない!!
打ち切りって訳じゃないし、作者の予定通りの終わり方って気がするし。

個人的には満足出来ました。
少し謎は残るけれども、それを踏まえてもいい作品だと思います。



ここからは内容についての感想なのでネタバレされたく無い方は、なるべく控えて下さい。↓↓↓

作品全体を通して。


後半になるに連れてダラダラしてきたかもしれないね。

私は結末を単行本で読む前に友人から第二の“ともだち”の正体をネタバレされて、「なんでそんなヤツが“ともだち”だったんだ!」と納得が出来ませんでした。
しかし改めて読んで見るとこのマンガは別に“ともだち”が誰か?というのが主旨では無いんだなと思いました。


とりあえず前半は“ともだち”が誰か?ということで最高に盛り上がったと思います。

様々な伏線が段々と明らかになっていって最後にフクベエとわかった場面は私の一番好きな場面で、前半の一番の見せ場でしたね。


後半は前半以上に子供時代の描写が多かったかな。

そしてラストは子供時代の描写が多いにもかかわらず、ケンヂ以外“ともだち”を知らない、もしくは覚えてないということは未だに登場していないキャラクターが“ともだち”となる訳で。

それで名前しか出ていないカツマタ君だったのか、と納得しました。


言われないとわからないよね。


まあ何はともあれ良い作品だったよ((しつこいww


そんで映画は期待しない方がいいかもしれない。
だいたいマンガを映画化すると面白くないし。
脚本・監督によるけどね。



でわ

漫画 | 21:44 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

- | 21:44 | - | - | スポンサードリンク
COMMENT
POST A COMMENT









TRACKBACK URL
http://w-library.jugem.jp/trackback/79
TRACKBACK
<< 昨日のディズニーランドについて | TOP | ふぅ〜。読み終えた〜。 >>