白い図書館

軽く読書日記
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | スポンサードリンク

今年ベスト10 その1

2008年もあと約1ヶ月で終わる。


そこでだ。



少し早いけど今年一年の総括をしようと思う。




てなわけで、今年読んだ本の中からベスト10を発表すんぞー。


ヤハッ!!


o(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o〜♪


ただ、今年発売されたヤツとは限らないから、そこんところよろしくヘイヨー!!





――――――


「ふりかえると女子生徒がたっていた。野良猫のように挑戦的な目つきの少女である。」



すげー爽やかな恋愛小説。恋愛小説をあまり読まない俺でもハマる。

アンソロジー「I LOVE YOU」の中の一つの作品であったこれが、他三編を含めて単行本化。



第10位
『百瀬、こっちを向いて』
…中田永一



―――――――




「ガラスっていうのは厳密にいうと固体ではなく、非常に粘度の高い液体なのだ。」


この人の作品を読むと色々な知識がつく気がする。

ひたすらわからない、ひたすらわからない密室の謎が頭を刺激しますよ。
でも最後にはきっちり消化出来るのがまた凄い。


第9位
『硝子のハンマー』
…貴志祐介



――――――――




「Cest la vie.それもまた運命。いや違う、それこそが人生、だったっけ。」



チームバチスタ第二弾。
田口&白鳥のコンビはやはり魅力的だ。
でも個人的に前作の方が好きだな。



第8位
『ナイチンゲールの沈黙』
…海堂尊



――――――――




「運は大切にしたほうがいいよ。運と湯沸かしポットさえあれば、たいていの場所で生きていける。」


開始15ページで爆笑したのは初めてかもしれない。

とにかく笑えるんだ!!
でも最後はちょっとしんみり。



第7位
「ハードボイルドエッグ」
…荻原浩



――――――――



「病に倒れるということは、無に還れという天からの指令です。それをヒトの力でねじ曲げようとする方が傲慢だ。」



キャラクターがいいんだよね、ホント。

そして作者自身が医者だったらしいからリアルなんだよね、うん。



第6位
『チームバチスタの栄光』
…海堂尊




このまま続けると、やたら長い記事になるので今日はここまで。


日記 | 23:32 | comments(1) | - |

スポンサーサイト

- | 23:32 | - | - | スポンサードリンク
COMMENT
ベスト3の本全部買うわ。
よろしこ。
the-pillows | 2008/11/27 6:37 AM
POST A COMMENT









<< ムーンウォークという単語を使いたかっただけ | TOP | ベスト10 その2 >>