白い図書館

軽く読書日記
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | スポンサードリンク

アヒルと鴨のコインロッカー

昨日発売のDVDを昨日のうちに買い、昨日のうちに見ました。


とりあえず思ったことは「よく映画に出来たなあ」

正直簡単に映像化出来る作品ではなく、文章だからこその作品だったのに、ここまで作りあげた監督・脚本に拍手!!



さてさて、今この記事を見ていてもしこの映画に興味のある人は、予備知識をつけないで映画を見た方がいいです。

小説を読んでから映画を見ると面白さが半減してしまいます。


映画を見終わったらゆっくり小説を読んでみて下さい。


それにしても瑛太演技上手いな〜。


━━━━━━━━━━(簡単なあらすじ)━━━━━━━━━━━━

引っ越してきたアパートで出会った河崎という青年は、初対面なのにいきなり「一緒に本屋を襲わないか?」と持ちかけてきた。

彼の標的は一冊の広辞苑。

そんなおかしな話に乗る気は無かったのに、血行の夜、モデルガンを手に書店の裏口に立ってしまった。



映画 | 21:50 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

- | 21:50 | - | - | スポンサードリンク
COMMENT
POST A COMMENT









<< 本屋大賞ノミネート | TOP | 名目上だけの更新 >>