白い図書館

軽く読書日記
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | スポンサードリンク

やれやれなケータイ小説について独断と偏見で語らせていただきます

※なんというか今日の記事はケータイ小説を独断と偏見で語るので、「自分はケータイ小説大好きだー!! 」って人は見るのを止めることをお勧めします。


別に平気だよって人は下へどうぞ。
え〜、読書週間何日目か忘れたけど、久しぶりに本について語ります。


最近話題の恋空ですが、あの内容で涙する人の気持ちがサッパリわかりません。

主人公は悲劇のヒロイン!
とにかく不幸な災いみたいなものをヒロインに!って感じです。

まあ読んだ感想なんてただ単に「そんな目に合えば可哀想なんじゃないかな。」で済むよ。


なんか親子関係だのイジメだのレイプだの中絶だの病気だの・・・。


「そんなに同情されたいんですか?」




でまあ上記の内容を踏まえてケータイ小説全般の話しをしましょうかな。

私の愛読雑誌の「ダ・ヴィンチ」の何月号かにケータイ小説特集みたいなのがあったんですよ。


その特集の一部に「女子大生4人がケータイ小説について語る」みたいなコーナーがありましてね。


そこでその女子大生たちがこんなことを言ってるんですよ。
普通の本を全然読まない人が「最近の小説は今起こっていることを書けてない。それに対してケータイ小説はリアリティがあっていい。」ってさあ、あんな悲劇のヒロインが主人公の小説のどこがリアルなんだい?それに最近の小説が今起こっていることを書く必要は無いんですよ!今起こっていることなら新聞見ればわかるじゃないですか!

さらに「普通の本は縦書きだから読んでらんな〜い。」とか日本の伝統に文句言うのもいれば。




どうなる日本!!

これからの日本の文芸はどうなるんですか!?



そんでもって私を泣かせてくれるケータイ小説はいつ発売されるのかな?




え〜、熱く語ってしまって申し訳無いです。

少し疲れました。



今日はこの辺で。




でわ〜

| 22:18 | comments(1) | - |

スポンサーサイト

- | 22:18 | - | - | スポンサードリンク
COMMENT
いい加減『セックス・ドラッグ・バイオレンス』はウザイよね。

つーか、なんかケータイ小説読んで「一晩中泣いた」とかいってる女子高生をみると、
「ジャガイモよりうまい食い物はない」とか言いながら生じゃがかじってる
サルを見るような哀れな気持ちになるんですよね。井の中の蛙というか・・・


ま、最近どっかのでっかい賞を受賞したケータイ小説は
異世界に迷い込むという設定のファンタジー物で、
「ケータイ小説の新しい可能性だ!」と褒められまくってたんですけど、
実は有名エロゲーのストーリーの丸パクリだったらしいですね。(受賞取り消し)

リアル鬼ごっこおもしれぇ | 2007/11/12 11:06 PM
POST A COMMENT









<< 凛として時雨 | TOP | さあどこへ行こう >>