白い図書館

軽く読書日記
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | スポンサードリンク

本屋大賞ノミネート

2008年度本屋大賞ノミネート作品が発表されました。


・『赤朽葉家の伝説』…桜庭一樹
・『悪人』…吉田修一
・『有頂天家族』…森見登美彦
・『映画篇』…金城一紀
・『カシオペアの丘で』…重松清
・『ゴールデンスランバー』…伊坂幸太郎
・『サクリファイス』…近藤史恵
・『鹿男あをによし』…万丈目学
・『八日目の蝉』…角田光代
・『私の男』…桜庭一樹
(作品名五十音順)


てな感じです。


今回も強者揃いですな。

前回2位の森見登美彦さん、今回も上位に食い込んでくるでしょう。

そして『カシオペアの丘で』の重松清さん。
昨年度大賞の『一瞬の風になれ』(佐藤多佳子さん)は上中下に渡るボリュームのある作品で、『カシオペアの丘で』も上下巻になっているので期待。


そして我らが伊坂幸太郎氏の『ゴールデンスランバー』もしっかりノミネートしてますねぇ。
伊坂さん曰わく直球勝負の作品らしいので、是非とも大賞になって欲しいです。


あと桜庭一樹さんが2作品ノミネートされてますが、あくまで作品勝負なので票が分散してしまうんじゃないかな・・・。

それと『鴨川ホルモー』などでお馴染みの万丈目学さんはドラマ化した『鹿男あをによし』でエントリー。


その他角田光代さんなど有名作家がノミネート。


なんとしても伊坂幸太郎さんに大賞を!!


大賞を取った作品は映像化されてるんですよ〜。

『夜のピクニック』に『博士の愛した数式』、そして昨年の大賞の『一瞬の風になれ』もそろそろ映像化してもいいと思うんだけど^^;



ゴールデンスランバーの映画みたいなぁ。



では

| 21:08 | comments(0) | - |

今年一番

え〜、昨日流れ星を見た白です。

あいにく今日は曇っていてお月様すら見えませんね。



さて、今日はMY BOOK OF THE YEARを発表しましょうかな。

え〜、これは別に今年発売された本じゃなくて、今年私が読んだ本のランキングです。



第5位…「百瀬、こっちを向いて」中田永一(アンソロジーI LOVE YOUより)

I LOVE YOU自体とてもいい本ですが、中でもこの作品がずば抜けてる気がしました。

あと、中田永一さんは乙一さんの覆面作家らしいです。




第4位…「池袋ウエストゲートパーク」石田衣良

カナダ修学旅行の夜に毎晩読んでいた本です。

このシリーズは定番ですね。




第3位…「流星ワゴン」重松清

涙腺崩壊寸前の本です。
久しぶりに泣かされそうになりましたよ。

そういえば最近Xboxで発売された「ロストオデッセイ」というゲームの脚本は重松清さんですね。
「オデッセイ」という言葉は長い旅、長い冒険というギリシャ語らしいです。



第2位…「夜は短し歩けよ乙女」森見登美彦

もう繰り返しですね。
でも絶対読む価値ありますよ!




第1位…「砂漠」伊坂幸太郎


伊坂幸太郎の中の本でもかなり上位に入ります。

「大学は砂漠という社会に出る前のオアシスだ!!」

とまあ大学生活の話しです。

はっきり言って面白いです!

大学に入る前には読んでおいた方がいいです。




さて、こんな感じです。

この中のどれでもいいから皆さんに読んでもらいたいですww




でわ


| 23:31 | comments(0) | - |

BOOK OF THE YEAR

私の愛読雑誌のダ・ヴィンチでBOOK OF THE YEARという、今年一番面白かった本が発表されました〜!


1位…「夜は短し歩けよ乙女」森見登美彦

やった〜!モリミーが1位だ〜!
当たり前と言えば当たり前かな。普通に面白いもん。
なんて言うか読んでると愉快になります!
私も今年読んだ本の中ではかなり上位に入りますよ。



2位…「楽園」宮部みゆき

模倣犯の続編らしい。
私は模倣犯すら読んでいないのでまだまだ読みそうにありませんな。



3位…「一瞬の風になれ」佐藤多佳子

素晴らしい青春物語。
なんだけど綺麗すぎるね。
いつかも書いたけど3巻あるから正直1200円×3のお金を払うほどでは無いですね。
立ち読みしましょう。
それにしても本屋大賞1位が3位で本屋大賞2位が1位ってのはどういうことだww




とりあえずトップ3でした。



15位には伊坂幸太郎の「フィッシュストーリー」がランクイン!!

「ラッシュライフ」の登場人物の番外編みたいな感じなのでまずはそっちを読んだ方がいいですよ。



あと漫画ではワンピースやのだめ、21世紀少年、プルートゥ等がランクイン!!

浦沢作品が2つも!

まあワンピースとのだめは鉄板だね。





近々私のBOOK OF THE YEARでも書くかな。




でわ


| 22:24 | comments(0) | - |

待ちに待ったぞ〜!!


071201_2147~0001.jpg


プルートゥの5巻と伊坂幸太郎の新作「ゴールデンスランバー」!!

ついにきた!

試験前なんて関係ない!読むぞ〜!!



そういえば映画版「死神の精度」の公式ホームページがリニューアルされてました(といっても10月だけど)。


金城武なかなかかっこいいね。

なんとなく私が想像してた千葉のイメージに合ってます。


公開が待ち遠しいな。




↓↓コメント返し↓↓

続きを読む >>
| 22:12 | comments(0) | - |

やれやれなケータイ小説について独断と偏見で語らせていただきます

※なんというか今日の記事はケータイ小説を独断と偏見で語るので、「自分はケータイ小説大好きだー!! 」って人は見るのを止めることをお勧めします。


別に平気だよって人は下へどうぞ。
続きを読む >>
| 22:18 | comments(1) | - |

ダ・ヴィンチ

私が毎月買っている雑誌の1つが「ダ・ヴィンチ」という雑誌です。

この雑誌は一言でいうと文芸雑誌という所でしょう。

最近注目の作家・本の紹介、本のレビュー、ヒットしそうな本の紹介、有名人の連載等が載っています。

この一冊で最近の文芸情報が分かって、かなり役に立ちます。
また、紹介されている本はどれも面白そうなので一度読んでみることをオススメします。

今月号で気になった本は「山下バッティングセンター」という小説です。
『生身の人間が投球する゙リアルバッティングセンター゙があるらしい・・・。』
都市伝説サイトで見つけた怪しげな書き込むを頼りに大学生の主人公と友人は旅に出る。っていうのがあらすじらしいです。

…なんだか心温まる話だと思うね。まず何よりテーマが面白いし、私の好きそうな話です。

試験終わって、森見登美彦を読み終わったら読んでみようかな。

面白そうだと思った人も読んでみて〜!!


では
| 23:50 | comments(3) | trackbacks(0) |

どんだけぇ〜な人

バスで二人分の席を一人でぶんどってる人〜!!
まだ一人座れるのに堂々と通路側に座ってる人〜!!

困りますよ〜。私も疲れて帰宅する時くらい座りたいですよ。

隣に座られたく無いんだったら、「そこどけよっ!!」って言いたいです。

マナーじゃないんですかぁ(笑)

私のささやかな怒りでした。


本屋のサブカルチャーコーナーで「ピクトさんの本」というのを発見しました。
ピクトさんとは非常口マークのあの人のことです。
そしてそのピクトさんのいろんな標識を紹介してる本です。
滑って頭を打っているピクトさん、駆け込み乗車して挟まれているピクトさん、リフトから落ちているピクトさん、電線に触って激しく感電してるピクトさん等、可哀想なピクトさんの写真集みたいな感じです。くだらないけど面白い本です。
まあ買うほどでも無いので、立ち読みしてニヤリとするような本です。
| 20:36 | comments(0) | trackbacks(0) |

念願の・・・

ずっと欲しかった「夜は短し 歩けよ乙女」という小説を買いました。森見登美彦さんの小説で2007年度の本屋大賞で「一瞬の風になれ」に続いて2位にランクインしました。まだ読んでないので内容や感想は語れません。読み終わったら感想書きます。

最近、本屋に行くと写真集(アイドルや芸能人ではなく、風景など)やサブカルチャーコーナーにも立ち寄るようになりました。
そこで発見したよく分からない本を2冊紹介します。

「日本の廃墟百選」だったかな?
あと、「工場萌え」という本です。
廃墟百選はその名の通りいろいろな廃墟が載ってました(笑)
少し怖そうな場所から映画の撮影に使われそうな場所、サバゲーするとしたら最高の場所までね。

工場萌えは、工場の外観しか載ってない写真集です。こんなんじゃ少しも萌えませんよ〜(笑)

2冊とも私にとっては全く理解出来ないのですが、廃墟や工場が好きな方にはかなりオススメです(笑)


では
| 18:34 | comments(0) | trackbacks(0) |

へんな・・・

今日「へんなほうりつ」という本と「毒のいきもの」という本を立ち読みしました。
まず前者、この本を立ち読みしている時に思わず笑ってしまいました(笑)
かなり面白いです。内容の一部を紹介!!
・・・「ビンゴ大会を週に3回してはいけない!!」とか「ガムは違法!!」、「ハトを驚かしてはならない!!」、「橋の上で止まってはいけない!!」、「バカは投票してはいけない!!」、「悪臭を放つものを所持してはならない!!」、「航空機でニワトリを追いかけたら違法!!」、「発情期のめす犬を外に出したらいけない!!」、「雪合戦は違法!!」、「死ぬの禁止!!」などなど。ほとんどがアメリカの何処かの州の法律ですね。さすが訴訟の国です。けど最後の「死ぬの禁止」は確かフランスだったです、どうしろって言うんですかね〜。それにビンゴ大会なんかどうでもいいじゃん!!別に週3でやりませんよ(笑)

そして「毒のいきもの」
こちらはあまり読んで無いのですが、印象に残っているスズメバチを。
スズメバチにに出くわした時にしてはいけない3つのこと。
その一「わぁ〜!スズメバチだ〜!」などと大声を出すこと。
その二「どっか行けよ〜」などとふり払うこと。
その三「逃げろー」とダッシュで逃げる。

これらのことをしてしまうとスズメバチの大群が押し寄せてくるらしいです。
わたしはチキン野郎なので上記三つのすべてをこなしていました・・・。これを知ったこれからもおそらくそうだと思いますが・・・。

では
| 18:27 | comments(0) | trackbacks(0) |